病院敷地内全面禁煙について

病 院 長

 

受動喫煙対策義務を定めた健康増進法の改正を受け、平成30121日より「病院敷地内全面禁煙」とし、ご来院・ご入院される皆さまには禁煙(電子タバコを含む)にご理解とご協力をいただきたくお願いいたします。

病院は診察や治療、相談等のための施設であり、入院するための施設です。

当院は、より安全で快適な環境と皆さまの健康を守ることを使命とする立場からも、駐車場(車内も含む)、通路等を含めて敷地内全面禁煙とさせていただきます。

また、療養の妨げとなるタバコやライターなどの持ち込みもご遠慮願います。

なお、指定喫煙場所は平成301130日(金)をもって廃止といたします。

 

 

【参考】

(受動喫煙の防止)第25条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。