リハビリテーション科

 リハビリテーションとは失った心身の機能を改善・回復する事を目的とし、更には身体機能を
維持して、人間らしく生きていく能力を持続するための治療法です。
 整形外科では主に物理療法や運動療法を行うことによって、除痛、失われた筋力や
関節機能を回復、改善を図り、起きる・立つ・歩く・食べる・着るといった日常で行う動作の
再獲得を目的とした治療を行います。


治療法について

運動療法

  長期のギプス固定や神経、筋、関節の疾患などによって生じた運動能力の低下を、
 運動そのものを用いることで改善させる治療法です。
  動きにくくなった関節の動きを改善させる関節可動域訓練や、低下したバランス能力を
 改善させる訓練、筋力強化訓練などが該当します。
  これらを通じて、困難となった日常生活動作の再獲得を図ります。

物理療法

  暖める、冷やす、引っ張る、電気を流すなどといった物理的な刺激を用いて、循環改善や
 痛みの軽減させる治療法です。運動障害改善の補助的な手段として用いられます。

   
温熱療法:熱エネルギーを加えることで痛みの軽減や循環の改善を図ります。
           ホットパック、超短波、赤外線などがこれに当たります。

   
電気療法:筋や神経に電気刺激を与えて、除痛や失われた筋の機能を回復させます。
           低周波治療器がこれに当たります。

   
牽引療法:牽引により、筋や靭帯の緊張を取り除き、また関節の不適合を改善させ、
           痛みを緩和させます。頚椎と腰椎に対して行います。

   
水治療法:水を使用して行う治療法で、水流をりようしてマッサージや循環改善を行う
           バイブラバスや、お湯と水に患部を交互につけることで循環改善を図る
           温冷交替浴などがこれに当たります。

1F機能訓練室
  広い訓練室にはリハビリテーションに必要な機器を備え、
  患者さんが早期に機能を回復し、社会復帰されるよう、
  なごやかな雰囲気の下でスタッフが訓練の手助けをします。

   リハビリテーション担当スタッフ

      院長:土肥 大右(日本運動器リハビリテーション学会認定医)

   理学療法士:山田 圭吾
        :山本 達郎
        :早瀬 彩

        :山下 哲史
        :平野 美幸
        :桑原 祐治